[PR]

 日豪の外務・防衛閣僚会合(2プラス2)が20日、東京都内で開かれた。核実験やミサイル発射を繰り返す北朝鮮を「最も強い表現」で非難する共同声明を発表。北朝鮮への圧力を強めていくことで一致した。米国を交えた3カ国の連携強化も確認した。

 会合には、日本側から岸田文雄外相と稲田朋美防衛相、豪州側からビショップ外相とペイン国防相が出席。岸田氏は「豪州は基本的な価値と戦略的利益を共有する特別な戦略的パートナーだ」と強調した。

 会合後の共同記者会見では、ビショップ氏が「北朝鮮の不法で好戦的な行動は、国連安保理決議に違反している」と批判。「北朝鮮が態度を変えるよう、中国に促していきたい」と述べた。稲田氏も「北朝鮮は新たな段階の脅威になっている。中国にもしっかり役割を果たしてほしい」と訴えた。

 会合ではまた、東シナ海や南シナ海で海洋進出を強める中国を念頭に「法に基づく自由で開かれた国際的秩序」の重要性を確認し、日豪が協力していくことで一致した。(相原亮、松井望美)

こんなニュースも