[PR]

 日本では珍しい野鳥「ソリハシセイタカシギ」1羽が18日、高知市で見つかり、同市の自然愛好家吉田直樹さん(53)が撮影した。17日の強風雨に乗って飛来したとみられる。

 ソリハシセイタカシギは著しく反り返った細いくちばしが特徴。全長約43センチでセイタカシギより一回り大きい。アジア大陸や欧州の一部で繁殖し、アフリカや中国南部で越冬する。

 吉田さんによると、県内では2013年5月18日に南国市で初めて見つかり、その後黒潮町でも発見され、今回は3回目だという。(菊池均)