[PR]

 参院で審議中の精神保健福祉法改正案の概要説明文書の一部を厚生労働省が削除した問題で、塩崎恭久厚労相は20日の参院厚労委員会で、「混乱を招いたことをおわびする」と改めて謝罪した。野党は削除が分かった13日以降、審議を拒否していたが、謝罪を受けて審議再開を受け入れた。

 削除したのは、議員説明に使う法案の概要説明文書で、相模原市の障害者殺傷事件に言及し「二度と同様の事件が発生しないよう法整備を行う」などと記した部分。塩崎氏は「結果として再発防止に資するものであり、犯罪防止のための法案との誤解を招かないようにする観点から、一部文言を削除した」と説明した。

こんなニュースも