[PR]

 勤務の休憩時間に高校野球賭博を繰り返したとして、福岡県警は20日、県警留置管理課に所属していた男性警察官6人を単純賭博の疑いで書類送検した。県警への取材でわかった。いずれも容疑を認めている。

 監察官室によると、警部補や巡査部長ら6人は、2014年夏の甲子園大会、翌年春の選抜大会、同年夏の甲子園大会の期間に、容疑者の護送のために訪れた福岡地検内の待機室で休憩中、優勝チームを当てる賭けをした疑いがある。

 1口千円で、警察官らは「勝ち分は賭博参加者らとの飲み会代に使った」などと説明しているという。

 監察官室は、この6人や上司を含む計8人を本部長注意などの処分にした。

 留置管理課では、同僚の女性警察官にわいせつな行為をしたとして警部補の男2人が3月に在宅起訴された。この捜査の過程で課内の賭博が判明したという。