[PR]

■小野善康・大阪大特任教授

 低迷する日本経済への方策として、R&D(研究開発)投資の重要性が指摘されている。歴代の内閣も成長戦略を掲げ、イノベーションを推奨する。

 一口にR&Dと言っても中身は色々で、新製品の開発や既存製品を改良するプロダクトイノベーション、生産効率を上げるプロセスイノベーション、組織の効率化や販売促進活動に関するものなどがある。いずれも企業の利益拡大という点では違いがない。しかし、目指す相手は異なる。

 多くの企業が考える競争相手は…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも