[PR]

 北朝鮮を研究している米ジョンズ・ホプキンス大の研究グループ「38ノース」が北朝鮮北東部の咸鏡北道(ハムギョンブクト)豊渓里(プンゲリ)にある核実験場付近の衛星写真を分析したところ、管理施設の近くなどでバレーボールの試合とみられる様子が写っていた。同グループは、核実験は待機状態との見方を示した。

 衛星写真が撮影されたのは今月16日。北朝鮮は衛星による撮影を把握している。バレーボールの様子を撮影させて、核実験保留のシグナルを送っている可能性や、核実験が最大の政治的効果を与えられるまで遅らせる「活動の戦術的停止」の可能性もあると研究グループは指摘している。(岡田玄