[PR]

■老いる巨龍――事件で見る中国の少子高齢化:5(マンスリーコラム)

 息子が年老いた両親に頼んで、息子自身を被告として相手取った裁判を起こしてもらう――。

 そんな一風変わった訴訟があったと、今年1月下旬の春節(旧正月)直前、中国司法省系列紙の「法制日報」で報じられた。息子が奇策を講じたのは、「実家に帰省して、両親に会いたい」との一心からだった。

 春節は、中国で最も大切にされる祝日だ。普段は離れて暮らす家族も、このときばかりは故郷に帰省し、一家だんらんのひとときを共にする。それが伝統的な春節の過ごし方だ。

 しかし近年は、春節も故郷に帰れない、または帰らない人が少なくない。遠方の都市での就職や出稼ぎが増え、仕事の忙しさや競争激化で長期休暇がとりにくい。生活費や教育費で経済的余裕がなかったり、余裕があっても海外旅行を選んだりと、社会情勢や価値観が変わってきた。

■「とてもいい仕事」のはずが

 冒頭で紹介した裁判のいきさつはこうだ。

 北京の西にある河北省唐山市出…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら