[PR]

 日本人ら72人が127日間にわたって左翼ゲリラに拘束されたペルー日本大使公邸人質事件の武力突入から、22日で20年を迎える。首都リマの軍施設で20日、記念式典が行われ、クチンスキー大統領から元特殊部隊員ら約200人に勲章が授与された。殉職した隊員の母は、20年経った今でも息子の面影を忘れられずにいる。

 式典は、救出作戦を訓練するために、当時の公邸を原寸で精巧に再現した建物(現在は博物館)の前で開かれた。クチンスキー大統領は「作戦成功で人質が救出されただけでなく、ペルーが救われた。テロを葬る棺おけに最後の釘を打ち込んだ」と功績をたたえた。

 大統領から元隊員らに正式に感謝の意が示されたのは今回が初めてだ。式典には、株丹達也・駐ペルー日本大使や元人質らのほか、当時の作戦を指揮したフジモリ元大統領の長女ケイコ・フジモリ氏も参列した。

 事件は1996年12月17日夜に発生。左翼ゲリラのトゥパク・アマル革命運動(MRTA)が、天皇誕生日のレセプション中だった日本大使公邸を襲撃。青木盛久大使(当時)や各国要人らを人質に取った。翌年4月22日に軍が突入。人質1人と特殊部隊員2人が死亡したが、71人の人質が解放された。ゲリラは14人全員が射殺された。

 武力突入を巡っては、「投降したゲリラも殺害された」として、軍幹部らが殺人罪に問われ、裁判はまだ完全に終わっていない。軍や元隊員の間には不満がくすぶってきた。

 今回の大統領からの叙勲は、作戦の成功を評価する立場を強調したものだ。

 ペルー議会もこの日、元特殊部…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも