【動画】封じ手は▲6六銀 将棋名人戦第2局=瀬戸口翼撮影
[PR]

 佐藤天彦(あまひこ)名人(29)に稲葉陽(あきら)八段(28)が挑戦する第75期将棋名人戦七番勝負(朝日新聞社、毎日新聞社主催、大和証券グループ協賛)の第2局は21日、青森県弘前市の藤田記念庭園で再開され、2日目に入った。佐藤名人が伸び伸びとした陣形を築き、主導権を握っている。

 稲葉挑戦者の封じ手▲6六銀は、相手の攻撃目標となるのを避けながら、銀を前線に送った手だ。午前9時、立会人の屋敷伸之九段が対局再開を宣言し、2日目が始まった。

 一つのミスが命取りになりやすく、神経を使う戦い。8筋を攻めてポイントを稼いだ佐藤名人は△5五銀と出た。銀を手持ちにして攻め込む狙いだ。

 解説を務める副立会人の木村一基八段は「佐藤名人がチャンスとみて動きました。稲葉挑戦者は辛抱の時間が続きそうです」と話した。(村瀬信也

     ◇

 〈2日目の指し手〉先手・稲葉八段 ▲6六銀(封じ手=29手目)△7六歩▲4五歩△5三角▲5八玉△2六歩▲3五歩△同角▲3八金△8六歩▲同歩△8五歩▲7九角△8六歩▲8八歩△5五銀▲6五銀△6四銀

関連ニュース