[PR]

(21日、ヤクルト3―1広島)

 ヤクルトの西田が二回無死二塁から中前適時打。チームにとって実に23イニングぶりの得点だった。本来は捕手だが、畠山がけがで離脱したため一塁手として先発。フォークを呼び込んではじき返した。「三振だけはしないつもりだった。レギュラーを取るくらいの気持ちでやる」。チームは連敗を3で止めた。

 ○真中監督(ヤ) 3連敗でストップ。「ここまで出場機会の少なかった西田、荒木が大きな仕事をしてくれた」

 ○石川(ヤ) 7回1失点で2勝目。「絶対に連敗を止めるという強い気持ちだった」

こんなニュースも