[PR]

 学校法人森友学園(大阪市)は21日、大阪地裁に民事再生法の適用を申請したと発表した。小学校の開設断念で資金繰りが悪化し、負債総額は少なくとも16億円に上る。裁判所の管理下に入り、債務の圧縮について債権者の理解を求めつつ、幼稚園の運営を続けたい意向だ。

 申請を受け、大阪地裁は同日、借金返済などを禁じる保全管理命令を出すとともに、保全管理人の弁護士を選任した。申請の要件が整っていると判断すれば、民事再生手続き開始の決定を出す。

 民事再生手続きを選んだ理由について、学園側の代理人弁護士は会見で、公正で透明性の高い手続きで、最大の債権者である小学校の施工業者、国、大阪府など関係者の利害調整を図るためと説明。幼稚園の運営はこれまで通り行う考えを強調した。

 会見に出席した保全管理人の弁…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら