[PR]

 山本幸三・地方創生相は21日の閣議後の記者会見で、16日に大津市内で開かれた会合での自らの発言内容について、一部に誤りがあったと述べ、訂正した。

 山本氏は16日、「一番のがんは学芸員」と語った後、ロンドンの大英博物館を引き合いに出し、「(2012年の)ロンドン五輪が終わった後に大改装した。それに一番反対したのが学芸員。全部クビにした」などと発言した。この発言が事実誤認だと一部で報じられたことを受け、「改装は2000年だった。クビというような形ではなく、反対した方々は辞めざるを得なくなったということだった」と述べた。