[PR]

 中国外務省の陸慷報道局長は21日の定例会見で、日本の国会議員が靖国神社を参拝し、安倍晋三首相が真榊(まさかき)を奉納したことについて、「我々は一貫して日本の誤ったやり方に反対している。中国側は日本に対し、自らの侵略の歴史を深く反省し、軍国主義と一線を画し、実際の行動でアジアの隣国や国際社会の信用を得るように促す」と述べた。(北京=西村大輔