[PR]

 IT大手ディー・エヌ・エー(DeNA)は20日、小学館と「新たなデジタルメディアのあり方の検討」に関して基本合意したと発表した。医療記事などのまとめサイトに不正確な情報を流していた問題を受け、DeNAは「編集ノウハウがある小学館から意見をもらいたい」としている。

 両社によると、新規のデジタルメディア事業の創出や運営について共同で検討を始める。編集態勢や記事内容のチェックなどを含む記事作成の流れについて研究を進めるという。

 小学館側は「必要とする人に必要なコンテンツを的確に届けられる技術に期待している」としている。

 DeNAのまとめサイトをめぐっては、同社の第三者委員会が3月、医療情報サイト「ウェルク」など全10サイトに載った74万超の画像や、最大2万本超の記事に著作権侵害の可能性があると指摘。広告収入に直結する記事数や読者数を増やすため、記事の点検が不十分だったとした。

<アピタル:ニュース・フォーカス・その他>

http://www.asahi.com/apital/medicalnews/focus/(塩原賢)