マグダレーナ・アバカノビッチさん(ポーランドの造形作家)が、米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)が21日報じたところによると、ワルシャワ市内で死去、86歳。長く闘病生活を送っていたという。ポーランド政府当局者はAFP通信に、20日夜から21日朝の間に息を引き取ったと語った。

 ワルシャワ郊外生まれ。ワルシャワ美術アカデミーで学んだ後、創作を本格化。繊維を素材にしたオブジェで注目を集め、特に頭部のない人体像が世界的に知られた。(時事)