[PR]

 フィギュアスケートの世界国別対抗戦は22日、東京・代々木競技場で最終日を迎えた。22日の午後にはエキシビションの公式練習があり、男子フリーで1位になった羽生結弦(ANA)、同2位の宇野昌磨(中京大)らが汗を流した。

 羽生はこの日、リラックスした表情で練習に臨んだ。4回転ルッツや4回転フリップにも挑戦し、ルッツは1度着氷した。羽生が今季のプログラムに入れている4回転ジャンプはループ、トーループ、サルコーの3種類。ルッツはアクセルを除く5種類のジャンプのうち、最も基礎点が高い。

 前日のフリーでは、4回転ジャンプを4回着氷した。体力が落ちる後半に4回転ジャンプを3回組み込んだ難しい構成に挑み、「試合だけど、いいトレーニングになった」と話していた。