[PR]

 世界ボクシング機構(WBO)バンタム級タイトルマッチ(23日、エディオンアリーナ大阪)の前日計量が22日、大阪市内のホテルであり、同級6位の大森将平(24)=ウォズ=は53・3キロでクリアしたが、王者のマーロン・タパレス(フィリピン)は54・3キロで800グラムオーバーした。このあと午後3時までに計量をクリアできなければ、失格となる。

 タパレスはこの日、計量1時間半前に計ったところ550グラムオーバーだった。すぐに走りにいき、調印式と記者会見は異例の王者欠席の中で進められた。午後1時の計量直前に現れたタパレスは疲れ切った表情。下着も脱いで計量したが、体重は逆に増えていた。タパレス陣営はすぐに会場近くのサウナへ向かった。

こんなニュースも