[PR]

 プロボクシングの世界戦2試合(23日、エディオンアリーナ大阪)の前日計量が22日、大阪市内であり、世界ボクシング機構(WBO)バンタム級王者のマーロン・タパレス(25)=フィリピン=が計量に失敗、王座を剝奪(はくだつ)された。一発でパスした同級6位の大森将平(24)=ウォズ=とのタイトル戦は予定通り開催され、大森が勝てば新王者となり、負けるか引き分ければ空位のまま。

 計量1時間半前に体重超過の分かったタパレスは調印式を欠席して走り、全裸で量るもリミット53・5キロを800グラムオーバー。2時間の猶予中にサウナへ向かった。1時間45分後の再計量では下着を着けたままで900グラムの超過。タパレスは目に涙を浮かべ、「大森に申し訳ない」と語った。

 やりきれないのが大森だ。昨年末に予定されていた最初の世界戦が王者のけがで中止。仕切り直しの一戦にもケチがついた。「怒りと残念な気持ちです」と大森。所属ジムの大森昌治会長は「あきれた。なめとるんか」と吐き捨てた。タパレスのファイトマネーは1割カットされる。

 国内での世界戦で王者が計量に失敗し、王座を剝奪されるのは2013年12月の亀田大毅(亀田)―リボリオ・ソリス(ベネズエラ)のIBF・WBA世界スーパーフライ級王座統一戦でのソリス以来。もう1試合の世界ボクシング協会(WBA)フライ級王者の井岡一翔(かずと)(28)=井岡=と、同級2位のノクノイ・シットプラサート(30)=タイ=はともに一発でパスした。