[PR]

 埼玉県秩父市浦山の県道で22日午後9時40分ごろ、同県横瀬町の無職柏木海渡さん(18)運転の軽乗用車が約15メートルの崖下に転落した。柏木さんは胸を強く打ち、搬送先の病院で死亡が確認された。同乗していたいずれも同町の無職少年(18)が腹を強く打って重傷、男子大学生(18)と建設作業員の少年(18)が腰や腹に軽傷を負った。

 秩父署によると、現場は片側1車線の直線道路。車は進行方向の右側のガードフェンスを突き破って転落していた。助手席に乗っていた大学生は「走行中に衝撃を受け、運転席側のエアバッグが開いた」と話しているという。近くに約50センチの大きさの石が落ちていたことなどから、署は何らかの理由で石が車の前部に当たってエアバッグが開いたとみて、事故との関連を調べている。

 4人は中学時代の同級生で「心霊スポットを見に行く途中だった」と話しているという。