[PR]

 JR秋葉原駅(東京都千代田区)構内にあるトイレで23日午前、爆発物騒ぎがあり、買い物客でにぎわう現場周辺は一時騒然となった。警視庁が爆発物処理班を出動させるなどして調べた結果、見つかったのは爆発物ではなく、自動開閉式のサニタリーボックスの一部とみられるという。

 同庁は、何者かが爆発物に見せかけた可能性もあるとみて、威力業務妨害などの容疑で調べている。

 万世橋署によると、午前11時5時ごろ、昭和通り口改札内の多目的トイレで清掃員が不審物を見つけたと、駅員から110番通報があった。同庁はすぐに昭和通り口の改札を閉鎖。駅直結のビルの利用者らを避難させて調べた。

 トイレ内からは電池とリード線がついた基板が見つかった。当初、署は芳香剤の自動噴霧装置とみていたが、業者に問い合わせたところ、サニタリーボックスのセンサー部分とみられることがわかった。粘着テープで荷物棚の下に固定されていたという。

 駅直結のビルにある飲食店の男性店員によると、同日午前11時半ごろ、駅員から「不審物が見つかったので避難してほしい」と言われ、客や従業員が建物の外に避難したという。「客が多い日曜日だが、仕方がないですね」と話していた。