[PR]

■小さないのち 大切な君

 東京・赤坂の外資系法律事務所で働く弁護士の田中太郎さん(30)は今でも、中学時代の夢を見る。クラスの男子にいじめられ、闘わなくてはならないのに何もできず、「ワーッ」となったところで目が覚める。

 田中さんは28歳のとき、ゲイだと周囲に明かした。

 子ども時代、親の仕事の都合で転校が多かったが、すぐに打ち解けることができ、友達も多かった。だが、中学2年生のとき、突然いじめの標的になった。

 中心となった男の子は、サッカーが得意な人気者だった。同性にひかれていることは隠していたが、周りは気づいたらしい。「あいつ、ホモじゃないか」とうわさを流され、殴る蹴るの暴力を受けた。「ああ、自分は気持ち悪い存在なんだ」と苦しかった。

 早く一日が終わってほしいとば…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら