[PR]

 JR四国が訪日外国人客(インバウンド)向けに販売している「ALL SHIKOKU Rail Pass」が絶好調だ。昨年度は、前年度比でほぼ倍の1万8476枚が売れ、収入でみると約7千万円の増収となった。JR四国の半井真司社長は将来的に「5万枚くらいまでいけたら」と期待を寄せる。

 パスは、インバウンドが四国に来たいと思うきっかけづくりのため、官民でつくる四国ツーリズム創造機構などが企画。私鉄を含めた四国6社の鉄道が乗り放題になる2~5日間用の4種類を2012年に発売し、毎年売り上げを伸ばしてきた。

 昨年度、売り上げが急増した理由の一つは、昨年7月に就航した高松―香港の直行便。香港からやってきた観光客がJRなどを利用したおかげで、国・地域別では香港の売り上げが3倍以上になった。同じく直行便がある台湾や韓国、中国も好調を維持している。

 また昨年の料金改定で、180…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら