【動画】アニメで注目、サーバルのジャンプを間近で=竹谷俊之、野口みな子撮影
[PR]

 300種を超える動物を飼育する多摩動物公園(東京都日野市)で、ある動物に注目が集まっている。ライオンやチーターと同じネコ科の「サーバル」だ。アニメ番組のキャラクターになったことで人気に火が付き、解説役で登場した飼育員も話題の人に。静かだったおりの前は一変、にぎわいを見せる。

 24日、同園で「サーバルジャンプ」というイベントが開催された。おりの天井からえさの馬肉をつるし、サーバルが、獲物をジャンプして捕る習性を再現して見せる。平日にもかかわらず、70人以上の来園者がぐるりと取り囲む。

 この日の主役は、1歳6カ月のオスのアポロ。2・5メートルの高さにあるえさを、軽々と跳んでくわえると、「おお~っ」と声が上がる。徐々にえさの位置を高くして、最後は3メートルをクリア。初めてジャンプを見たという東京都府中市の清水貴幸さん(34)は「助走なしで跳ぶなんてびっくり」と話した。

 サーバルはアフリカのサバンナに生息し、特徴的な大きな耳の聴力は、地中の音が聞こえるほどだという。同園では1980年から飼育してきた。好奇心旺盛だが、単独で生活する習性のため、6頭を交代で展示している。

 「注目」のきっかけは、今年1月から深夜に放送されたテレビアニメ「けものフレンズ」(テレビ東京系)だった。架空の超巨大総合動物園「ジャパリパーク」を舞台に、擬人化された動物たちが冒険物語を繰り広げる。動物が互いに長所を褒め合い、短所には寛容な世界観と、深読みを誘う展開に、「前向きになれる」と、大人からもカルト的な支持を集めた。3月の放送終了後、楽しみを失ったファンには、実物に会える動物園が受け皿になった。

 同園の飼育員新崎慶太さん(24)は、アニメの中では「しんざきおにいさん」としてサーバルの生態を音声解説している。素朴な語り口が「動物への愛を感じる」と評判を呼び、新崎さん目当ての来園者も現れた。

 この日のイベントは、新崎さんが進行役だった。えさの位置が高くなるにつれ、サーバルがジャンプするまでの時間が長くなる。心配そうに見守る来園者に、新崎さんが「えさを見ているので、きっと跳んでくれるでしょう」。その直後、見事にジャンプ。笑顔に変わった。

 イベント終了後、新崎さんの周りに人垣ができた。「サーバルの外見的特徴を教えてもらった」と、大学生の男性(20)。絵を描くのが趣味という。「写真や動画では細かな点はわからないので、新崎さんに聞けてよかった」

 新崎さんは、「少しでも動物を面白いと思ってもらえたらうれしい。サーバルのついでにでも、いろんな動物を見ていってほしい」と話している。

 サーバルを飼育するのは、関東地方では羽村市動物公園(東京都羽村市)と同園のみ。公益社団法人日本動物園水族館協会に加盟する園でも、全国で10カ所だという。多摩動物公園のサーバルジャンプは次回、28日(金)午後2時半から。月に2~3回の不定期開催だが、予定は事前に園のホームページで告知される。(野口みな子)