[PR]

 子どもがほしい、でも仕事を今休むのは――。人気ロックバンド「マキシマム ザ ホルモン」のナヲさん(41)は、そんな葛藤の末、2015年、ライブ活動の休止を宣言した。理由は、第2子の妊活。ファンとメンバーを待たせる焦りや不安、流産と出産を経て、まもなくライブハウスに戻ってくる。

 「マキシマム ザ ホルモン」は、1998年に結成された4人組バンド。独特の日本語歌詞を、激しいサウンドに乗せるスタイルで10~20代を中心に絶大な人気を誇る。ツアーはいつも即完売。音楽フェスでは数万人収容のメインステージに立つ。ドラマーのナヲさんは、唯一の女性メンバーで08年に元バンドマンの男性と結婚、10年に長女を出産した。

 1カ月検診の翌日にはスタジオ入りし、産後3カ月でライブを再開した。育児は両親たちも協力してくれた。娘が熱を出したとき、何とか預けたものの背中越しに泣き声が聞こえ、一緒に泣いたこともある。

■気づくと39歳

 自身が3人きょうだいであることもあり「もともと子どもは3人くらいほしいと思っていた」。しかし長女出産後も人気は高まるばかり。海外のフェス出演も増え始めた。13年に発売したアルバムは、オリコンチャートで3週連続1位を獲得した。活動が充実する一方で焦りもあった。14年秋からの活動休止も検討したが、フェスへの出演などが決まり断念。「音源を作ったらツアーに出る。それが終わったら夏フェス……。スケジュールを見ながらもうちょい先、もうちょい先、って妊活を先延ばしにして、気づいたら39歳だった」

 自分が休めば、他のメンバーもバンドとしての活動ができなくなる。諦めるべきなのか。他のメンバーには2人目、3人目と子どもができていく。正直、うらやましい。自分の年齢を考えると「どうなるかわからない。妊活って、妊娠して出産しないと終わらない。不安だし、申し訳ない気持ちもありました」。

 妊活するという決断を、メンバー3人は「だよね!」と尊重してくれた。「メンバーとスタッフの理解があったから、休むことができた」

 15年3月、次のツアーが終わったら、活動を休むとブログで発表した。ファンは「待ってます」と声をかけてくれた。なかには「ナヲさんが妊活するなら、私も真剣に考えます」と話す同年代のファンもいた。最後のあいさつは「恥ずかしながら、行って参ります!」。普段と変わらず、ナヲさんらしいユーモア満載で締めた。

 すぐに妊娠した。しかし、8週目で流産した。「どこかで『すぐ産めるっしょ』と思っていたところがあった」

 妊活を再開したものの、生理が…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら