[PR]

 風が強い雨の日は、外出が憂鬱(ゆううつ)だ。傘を差しても、風であおられて生地の部分がめくれたり、骨が折れたり。髪がぬれてボサボサになると、一日中テンションは下がったまま。役に立たなくなった傘が残骸のように街中に転がっているのも、むなしい。

 そんな状況を変えようと、傘メーカーのサエラ(東京)が、暴風雨でもしなやかに曲がり、折れづらい傘を開発した。全てのパーツがプラスチックなので、サビ知らず。丸ごとリサイクルできるのもポイントだ。その名も「+TIC(プラスチック)」。2月に発売され、梅雨時を前に取扱店が広がっているという。どんな傘なのか、実際に使ってみた。

     ◇

 記者が使ってみたのは、4月1…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも