[PR]

 篠山市北新町の丹波篠山デカンショ館の周辺に、デカンショ節の踊り子人形や遊歩道などが完成した。25日にお披露目式があり、酒井隆明市長や市幹部、市議ら約50人が参加した。

 同館前に置かれた踊り子の人形「デカンショモニュメント」(高さ165センチ)は白い繊維強化プラスチック製で、編み笠に浴衣姿。毎日午後6~9時にライトアップされている。

 遊歩道「デカンショの小径(こみち)」は幅約4メートル、長さ約50メートルで、同館前と市役所隣の市立たんば田園交響ホール前の交差点を結んでいる。遊歩道の整備に伴い、旧篠山藩庁の通用門だった「篠山地方(じがた)役所門」が、篠山郵便局の横からこの交差点の近くに移設された。

 このほか、同館前には公衆トイ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら