[PR]

 自動運転に欠かせない高精度の地図づくりを進めるトヨタ自動車は、タクシーにカメラ付きの通信機を載せ、撮った画像や走行データをリアルタイムで集める実験を東京都で始めた。トヨタとKDDI、東京ハイヤー・タクシー協会が25日発表した。

 高度な自動運転には、道路上の障害物だけでなく、刻々と変わる車線ごとの混雑状況も反映させた電子地図が欠かせない。

 実験はタクシー500台を対象とし、12月まで実施する。KDDIが現在スマートフォンなどに使っている4G回線で、大量のデータを問題なく送受信できるかも確かめる。

 トヨタと全国ハイヤー・タクシー連合会は昨夏、運転手の負担軽減を狙った自動運転技術の開発に向けた協業で合意しており、その一環。タクシーは1台あたりの走行距離が長く、データを効率的に集められる。(山本知弘)