[PR]

 アルミニウムの膜の表面に、ナノ(10億分の1)メートル単位の凹凸を施すことで、虹の7色を表現する技術を、理化学研究所の研究チームが開発した。塗料を塗るより、表面を薄くでき、軽量化にもつながるという。英科学誌サイエンティフィック・リポーツに発表した。

 赤いものが赤く見えるのは、すべての色が混じった白色の光から青や緑の光を吸収し、赤い光を反射するためだ。

 理研の田中拓男主任研究員らは、アルミの膜の表面の凹凸の幅や間隔を、ナノメートル単位で変えて、膜が吸収する色を調整。赤色~紫色まで様々な色に見せることができた。色の明るさや鮮やかさも自由に調整できるという。

 また、1枚の膜の上に、赤、青…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも