[PR]

 愛好家にはクライミングスポットとして知られる小豆島にボルダリングジムが9日、オープンする。手がけているのは、昨年4月に移住してきた家具職人の渡利知弘さん(40)と美季さん(40)夫妻。「小豆島の自然を再発見してくれる人が増えれば」と急ピッチで準備を進めている。

 東京で借家住まいをしていた夫妻は2年前、神奈川県内に一戸建てを買うかどうか検討した。しかし、ローンが35年に及ぶことが分かり、「そのためだけにそんなに働き続けるの?」と考え直した。

 知弘さんは20歳の頃から、休みのたびに都会を離れ、クライミングを楽しんでおり、アメリカやニュージーランドなどに遠征した経験もある。美季さんはサーフィンが趣味で、小学生の時に小豆島に住んでいた縁もあり、移り住むことにした。知弘さんは瀬戸内国際芸術祭に出店する屋台をつくったことをきっかけに、家のリフォームなどの仕事を頼まれるようになった。

 小豆島は草壁港近くの「吉田の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら