[PR]

 海に囲まれた沖縄は独自の歴史を歩んだ。縄文時代も例外でなく、はるか東北地方などとは別世界だったはず。そんなイメージに再考を迫る物証が沖縄県北谷(ちゃたん)町で確認された。縄文晩期の東北を代表する亀ケ岡文化の土器だ。どうやら縄文時代、日本列島の両端はつながっていた――。

 南西諸島の歴史は独特だ。本格的な農耕社会の登場は本土に比べてずっと後だし、戦国の世の本土を尻目に琉球王国は海上交易で利をなした。先史時代も同じで、文化的な違いから貝塚時代の名でも呼ばれてきた。

 そんな沖縄で今年初め、2500年ほど前の東北の土器が確認された。米軍返還地内にある平安山原(はんざんばる)B遺跡の出土品に、大洞A1式という、縄文晩期後半を中心に青森や岩手、北海道南部などで花開いた亀ケ岡文化の土器片があったのだ。台付きの浅鉢らしい。

 表面には「工」の字に似た模様…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも