[PR]

 県や大阪府などが申請していた「1400年に渡る悠久の歴史を伝える『最古の国道』~竹内(たけのうち)街道・横大路(大道)~」が28日、文化庁の日本遺産に認定され、地元から喜びの声があがった。

 申請していたのは県、大阪府と、葛城、大和高田、橿原、桜井の各市と明日香村、大阪府の大阪、堺、松原、羽曳野の各市と太子町の10市町村。竹内街道は堺市から葛城市に至る道で、横大路はその先の桜井市までの道だ。東西に敷設された「大道(竹内街道、横大路)」は2013年に1400年を迎えた。

 日本遺産は地域の歴史的魅力や文化・伝統をストーリーとして認定する。今回は「幅20メートルを超える大道は、古代には使節団が難波宮から飛鳥京を訪れ、先進技術や仏教文化を伝えた。近世には伊勢参りの宿場町としてにぎわいを見せ、1400年の歴史の移り変わりを感じさせる」というストーリーだ。

 いまも宿場町を感じさせる景観…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら