[PR]

 ニュースアプリ乱立のなか、ニューズピックスは自社編集部の独自記事によって有料会員が増え、経営が黒字化した。ニュースが当たり前のように無料で読めるネット世界で、課金モデルの成功例となっている。海外展開も計画中だ。

 独自の特集記事が売り物だ。例えば、盗用や不正確な記事がはびこったDeNAのサイトについて、1人の野心的な女性幹部に焦点をあてた内幕物「DeNA 歪(ゆが)みの遺伝子」(昨年12月、全11回の連載)。日本発を標榜(ひょうぼう)するLINEだが、実は韓国の親会社の影響が強いことを明らかにした「LINEの秘密」(昨年5月、全25回の連載)だ。

 約200万人の無料会員はブルームバーグやロイターなど提携メディアの配信記事は読めるが、独自記事の多くは月額1500円を払わないと読めない。大手メディアが軽視しがちなITやベンチャーのニュースのニーズは意外に高い。そんな分野を狙うと一気に有料会員が増える。昨年暮れの有料会員は3万2千人。昨年12月期決算は売上高9億5千万円に利益2千万円を計上し、黒字化した。

 創業者の梅田優祐取締役は経済情報データベースのユーザベースも創業し、同社を昨年秋マザーズに上場。ニューズピックスはその経済ニュース部門として2013年に設けられ、後に分社化した。

 スマートニュースなど、ほかのニュースアプリは広告に依存し、記事閲覧は無料という場合が多い。無料が当たり前の世界で、梅田氏はあえて「コンテンツにお金を払う文化をつくりたい」と起業し、3年で黒字化してみせた。

 月額1500円の値付けは、全…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら