[PR]

 第70回記念大会朝日レガッタ(関西ボート連盟、朝日新聞社、県、大津市主催)が4日から、大津市の県立琵琶湖漕艇(そうてい)場で始まる。記念種目として、男子エイト(平均50歳以上、同70歳以上)、男子シングルスカル(70歳以上)の3種目があるほか、今大会からパラローイング(障害者ボート)の部も新設。7日までの4日間、計26種目に26都府県や海外から468クルー、計1360人が出場を予定している。

 朝日レガッタは1948年、大阪・堂島川で始まった。第6回大会(53年)から大津市内の尾花川に会場を変え、第24回(71年)から琵琶湖漕艇場を会場にしている。

 今年の国体開催地の愛媛県から4選手が招待されるほか、東京五輪・パラリンピックに向けてホストタウンとして大津市がデンマーク(ボート競技)に、米原市がニュージーランド(ホッケー)に選ばれたことを受けて、両国からの計4人も招待選手として参加する。昨年、地震で全クルーが棄権した熊本県からも8クルーが出場する。

 大会は自由観覧で、期間中はミ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら