[PR]

 近江鉄道(彦根市)は6月10日に、電車の運転体験を実施する。

 使用車両の運転台は、右手でブレーキ、左手でマスコン(主幹制御器)を操作する古典的な2ハンドルのもの。運転操作などについて講習を受けた後、指導運転士の付き添いで、彦根駅構内を交代で運転しながら往復する。専用路線に自動列車停止装置(ATS)と車止めを特別に設置する。

 参加資格は小学4年生以上。定員25人で、申し込み多数の場合は抽選する。小学生は保護者の同伴が必要で、18歳未満は保護者の同意書がいる。参加費は昼食代込み1人1万円。保護者らが付き添う場合はさらに1500円がいる。

 申し込みは近江鉄道ホームページ(http://www.ohmitetudo.co.jp/railway/2017-610untentaiken/index.html/別ウインドウで開きます)から専用フォームで。締め切りは5月8日。抽選結果は12日にメールで通知予定。問い合わせは近江鉄道鉄道部(0749・22・3303)へ。(大野宏)