[PR]

 安倍晋三首相は28日午後(日本時間28日夜)、英ロンドン郊外でメイ英首相と会談した。世界的な保護主義の台頭をふまえ、両首脳は主要7カ国(G7)が自由貿易体制を維持することの重要性を確認。英国の欧州連合(EU)離脱をめぐり、離脱後も経済などで緊密に連携する方向で一致した。

 安倍首相は会談後の共同記者発表で、「英国を自由、民主主義、人権、法の支配といった普遍的価値を共有するグローバルな戦略的パートナーとして重視している。英国がEUを離脱してもまったく変わることはない」と述べた。

 両首相の会談は昨年9月、米ニューヨークで行われて以来で2回目。5月にイタリアであるG7サミットに向け、G7の結束について意見を交わした。

 EU離脱をめぐり、安倍首相は、激変緩和のための移行期間を英国が設けることを評価。両首相は、離脱により英国内の日系企業が受ける悪影響を抑制していくことで一致した。

 メイ首相はEUとの離脱交渉に…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら