[PR]

 小豆島の固有種として知られる「ショウドシマレンギョウ」が、寒霞渓の山頂付近で花を咲かせている、中塚正春撮影。岩場から1~2メートルほど伸びた枝に咲いた黄緑色のかれんな花が風にゆられている。

 環境省のレッドデータブックで、近い将来、野生での絶滅の危険性が高い植物に指定されている。寒霞渓ロープウェイの担当者によると、5月上旬が見頃という。