[PR]

 鹿児島銀行は、スマートフォンで振り込みなどができるインターネットバンキングで、契約者の「声」を本人確認に利用できる制度を10月から導入する。「声紋認証」という方法で、複雑なパスワードの入力を簡素化しながら、安全性も向上させる。同行によると、国内の金融機関での導入は初めてだという。

 スマホのアプリのロックを解除し、「あしたの天気はどうですか」というフレーズを読み上げれば、暗証番号だけでログインできる。振り込みの際は、ランダムに表示される5桁の数字を読み上げ、暗証番号を打ち込む。

 これまでは、10桁の数字の契約者番号と、6~9個の英数字のパスワードを使ってログインしていた。振り込みにはさらに、契約者カード裏面の乱数表の数字と暗証番号が必要だった。

 利用者は事前に声を登録。契約…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも