[PR]

 新年度になり、新たな環境で学校生活や仕事を始めた方も多いかと思います。期待、不安の入り交じった気持ちで迎えた日々も、スタートしてみると慣れない状況に戸惑う場面が多々あり、ついていくのに精いっぱいで、連日心身に過度な緊張を強いて過ごしているかもしれません。ひと月が経過して迎える大型連休……。やっと一息ついて休息をとれる期間のはずですが、この時期を過ぎた頃から「何だか疲れやすい」「頑張ろうと思っているけれどやる気が出ない」といった体や心の症状を自覚する人がいらっしゃいます。

 「五月病」といわれる言葉があります。正確な医学用語ではないのですが、我が国において4月に新生活がスタートした学生や社会人にみられる心身の不調の通称で、5月の連休明けごろから増えるためそのようによぶようです。過去には受験勉強の末合格した大学生が、緊張状態から解放されたものの、新しい環境になじめなかったり目標を失ったりすることで起こるということで「合格うつ病」とよばれたこともあるようです。進学、進級、就職、異動による新しい環境へ適応しようとして頑張っていたものの、緊張がとぎれて保てなくなり、意欲も低下して疲労感、倦怠(けんたい)感、睡眠障害、食欲低下などが出現する状態です。

 軽度で上手に自分自身でストレス対応ができると改善へ向かうことも多いのですが、日々の生活に支障が出るような状態が続いて適応障害の診断におおよそあてはまる場合もあります。

 具体的な身体的・精神的症状としては前述に加えて、めまい、動悸(どうき)、イライラ感など多彩です。初めに身体症状を自覚し不調が続く場合は、症状の部位に応じた身体科の医療機関を受診される方もいらっしゃるでしょう。そこで検査しても特に異常を指摘されず、治療を受けても症状が続くとしたら前述したような適応障害の可能性も考慮する必要があるでしょう。

<アピタル:医の手帳・五月病>

http://www.asahi.com/apital/healthguide/techou/(新潟大学大学院医歯学総合研究科 清水夏恵医師(心身医学))