IT大手ヤフー創業者の一人で前社長の井上雅博(いのうえ・まさひろ)さんが25日(日本時間26日)、交通事故のため米国で亡くなった。60歳だった。日本のヤフー設立初期から約16年間、経営の指揮を執り、発展の礎を築いた。

 井上氏は、ソフトバンクを率いる孫正義氏の元側近で、1996年1月、孫氏とともに米ヤフーとの合弁で日本のヤフーを立ち上げた。同年7月に社長に就き、パソコンを中心としたサービスで、検索エンジンやオークションを軸にヤフーを大きく育てあげた。

 だが、スマートフォンの普及でモバイルシフトが進み、業績の伸びが鈍化すると2012年、孫氏がヤフー経営陣の刷新を決断。井上氏は現社長の宮坂学氏にポストを譲り、同年6月で退任した。

 葬儀やお別れの会などは未定。問い合わせは、ヤフー広報室(ycompany-pr@mail.yahoo.co.jp)。