[PR]

 「世界禁煙デー」の31日夜、京都府向日市の向日神社でライトアップがあり、本殿(国の重要文化財)が黄緑色の幻想的な光に包まれた。NPO法人「京都禁煙推進研究会」が禁煙啓発のため企画。京都府庁旧本館や京都市役所などもライトアップされた。

 同法人理事長で医師の安田雄司さん(65)は「日本では年間1万5千人が受動喫煙で亡くなっていると言われている。たばこの健康被害について真剣に考えてほしい」と話す。(筋野健太)