[PR]

 テニスの全仏オープン第4日が31日、パリのローランギャロスで行われ、女子シングルス2回戦で奈良くるみ(安藤証券)は4大大会7度優勝のビーナス・ウィリアムズ(米)に3―6、1―6で敗れ、シングルスの日本女子はこれで6人全員が姿を消した。昨年12月に強盗に襲われて利き手の左手に負傷し、今大会から復帰した元ウィンブルドン女王のペトラ・クビトバ(チェコ)も敗れた。

 女子ダブルス1回戦では、今年の全豪オープンでベスト4入りした穂積絵莉(橋本総業)、加藤未唯(佐川印刷)組がストレート勝ちで2回戦に進んだ。

 男子シングルス第8シードの錦織圭(日清食品)と世界ランキング74位のジェレミー・シャルディー(フランス)との2回戦は1日の1番コート第2試合に決まった。

こんなニュースも