刑法学者で日本大学名誉教授の板倉宏(いたくら・ひろし)さんが4月28日、肺炎のため神奈川県藤沢市の病院で死去した。83歳だった。通夜は4日午後6時、葬儀は5日午前10時から藤沢市大庭3761の藤沢市斎場で。喪主は長男で産業技術大学院大学教授の宏昭さん。

 1934年、神奈川県出身。刑法が専門で日本大学で教壇に立つ一方、事件の解説などで新聞やテレビのコメンテーターとしても活躍した。