[PR]

 中国東北部の白亜紀前期(約1億4500万年前~1億年前)の地層から、新種の羽毛恐竜の化石が見つかった。鳥類のような滑空に適した特徴のある羽があった。「ジアニアンフアロング テンギ」と名付けられた。中国やカナダの研究チームが3日、英科学誌ネイチャーコミュニケーションズに発表した。

 ジアニアンフアロングは羽毛恐竜トロオドン類の新種で、全長は推定約110センチ。羽毛が保存されたほぼ全身の骨格が見つかった。尾羽の羽が軸をはさんで非対称になっていた。翼の羽がこうした特徴を持つかどうかは確認できなかったという。

 非対称の羽は滑空と飛行に適していると考えられており、いまの鳥類の風切り羽が持つ特徴だという。いまの鳥類は羽毛恐竜のドロマエオサウルス類かトロオドン類から進化したと考えられている。これまで、こうした特徴の羽はドロマエオサウルス類では確認されていたが、トロオドン類では見つかっていなかった。

 国立科学博物館標本資料センターの真鍋真ディレクターは「非対称な羽がトロオドン類からも見つかったことは重要だ。だが、尾羽の羽の非対称性が、滑空や飛行に適していたかどうかは今後の研究が必要だ」としている。(神田明美)