[PR]

 銚子市の景勝地・犬吠埼の観光ホテル「犬吠埼ホテル」に、貸し切りバスの運転手らのための「究極の寝室」ができた。自然素材を生かし快眠を促すという。客の命を預かる運転手に、質の良い眠りを提供することで、安全運転をサポートしようとの取り組みだ。

 太平洋を一望するホテルの4階に、「究極の寝室」はある。入り口より一段高くした床は、宮崎県産の飫肥(おび)杉の板張りで、素足に気持ちが良い。その床下と天井、壁には消臭効果があるといわれる炭を塗り、壁はさらにその上に、湿度調節機能があるとされる珪藻(けいそう)土の壁材が施されている。

 全47室の中で最も狭い17平方メートルのシングルルーム。浴室はなく、主に貸し切りバスの運転手や、団体旅行の添乗員の宿泊に使われてきた部屋を改装した。

 梅津佳弘・総支配人によると、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら