[PR]

 愛媛県今治市の市営住宅で高齢の母子が切りつけられ、母親が死亡、長男が重傷を負った事件で、愛媛県警が任意で事情聴取していた近くに住む女性が自殺した。捜査関係者が明らかにした。4日から事情聴取を進めていたが、5日に自殺したという。

 県警によると、事件は3日午前9時ごろ、今治市室屋町7丁目の市営住宅1階の無職岡本久行さん(70)方で発生。突然部屋に侵入してきた小柄な女に、母親の無職岡本ユキヱさん(92)が胸を刺され、久行さんが背中を刺された。

 久行さんはいったん外に逃げて通行人らに助けを求め、110番通報を依頼。その前後に女は逃げた。2人は病院に運ばれたが、ユキヱさんは約8時間後に出血性ショックで死亡。胸の傷は肺を貫通していた。久行さんも重傷を負った。

 県警は、逃げた女について、久行さんが「見知らぬ女だった」「小柄だった」などと話したことから、事件があった前後の目撃情報を集めるとともに、付近の防犯カメラの映像を分析。この結果、現場から約600メートル南側のマンションに住む女性が浮上したという。県警は4日、自宅を家宅捜索して自宅から持ち物などを押収。任意で事情聴取を始めた。

 一方、事件があった市営住宅の南西約400メートルにある今治市別宮町6丁目の民家では先月26日、一人住まいの無職越智サツキさん(81)が腹部を刺されて死亡しているのが見つかっている。

 県警は、二つの事件の現場が近く、約1週間で相次いで発生していることや、刃物を使った犯行で、いずれも高齢者が被害者であることなど状況に似た点があるため、関連を調べる。