[PR]

 愛媛県今治市の高齢の母子殺傷事件で、県警が参考人として任意で事情聴取した30代の女性が、自殺した。真相解明を妨げる事態は防ぐことができなかったのか。県警の捜査に問題はなかったのか。周辺の住民からは「警察の失態では」などの批判も聞かれた。

 事件解決のカギを握るとみられていた参考人の自殺を受け、県警は5日午後、松山市の県警本部で報道機関に経緯を説明した。河野数豊・捜査1課次長が記者ら約30人を前に1時間半近く話したが、参考人と事件との関わりはほとんど、明かされなかった。

 「プライバシーに関わるので、詳細は差し控えたい」。河野次長は、女性が参考人だったことや家族の存在などを理由に、何度も口をつぐんだ。事件との関連や自殺の状況、遺書の内容も、プライバシー保護と捜査への支障を理由に、具体的な説明を拒んだ。

 女性は4日に今治署で任意の事情聴取を受けた後、家族の元へ帰された。報道陣からは、自殺の防止にどんな措置をとっていたかについて質問が相次いだ。

 河野次長は家族に自殺の防止について説明し、「ご理解してもらった上で引き取っていただいた」と述べた。警察官の監視をつけなかったのは事情聴取の任意性を担保するためで、「こちらとして考えられることはやった」と強調した。

 初動捜査への質問も出た。4月26日には今治市内で越智サツキさん(81)が、自宅で腹部を刺されて死亡しているのが発見されていた。死因は失血死で、現場に血痕の付いた刃物があった。ただ、県警は当初「事件」と「自殺」の両面で捜査し、5月3日に越智さんの自宅から北東約400メートルの市営住宅1階で母子が刺され、母親の岡本ユキヱさん(92)が死亡した事件があった後に殺人事件と断定した。

 岡本さんの事件でも県警は当初、傷害事件として緊急配備を実施。数時間後に殺人未遂容疑に切り替え、発生から11時間ほどたった午後8時に殺人事件として特別捜査本部を設置した。

 「捜査が後手後手になっていなかったか」などとする質問に対し、河野次長は「事件発生から大量に捜査員を動員し、捜査事項を増やして事件解決に向けてやっていた。それについては自信を持っている」と否定した。

■住民「もやもやして気持ち悪い」

 事件現場周辺の住民からは「警察の失態では」「まだ不安は残る」などの声が上がったほか、初動捜査への疑念も聞かれた。

 自殺した女性のマンションの近くに住む自営業の女性(70)は「警察の失態と思う。事件の真相が分かりにくくなってしまった」と表情を曇らせた。別の自営業女性(72)は「任意捜査なので警察もきちんと監視できなかったのでは。また今後、殺人事件が起きたら、と思うとぞっとする。もやもやして気持ち悪い」。

 一人暮らしの自宅で腹部を刺され、死亡しているのが4月26日に見つかった越智サツキさん方の近所では、小学生の子どもがいるという主婦(26)が「子どもの登校などが怖かった。はっきりと事実がわかったわけではなく、不安は残る」と話した。

 県警は当初、越智さんの事件を…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら