【動画】新緑がまぶしい山で山菜採り=河合博司撮影
[PR]

 新緑まぶしい季節。甲府市の河澄和司さん(78)と原田隆邦さん(73)は大型連休中、山菜採りに明け暮れた。今月下旬まで、週末は県内の山を飛び歩く。5~6日、同行した。

 5日は山梨市の焼山峠(標高1527メートル)から小楢山(1712メートル)周辺の林道を車で走り、県有林の沢を目指した。標高は約1300メートル。「去年はあたり一面がコゴミ畑だった」という場所へ。同じ場所なのに何もない。芽吹き前だった。河澄さんは「4月の天候不順と雨不足の影響で遅れている」。

 ふたりは「山菜採りで大事なのはデータの蓄積と執念」と話す。標高を下げることにした。乙女高原を抜け、林道のクリスタルラインを移動する。標高約千メートルの渓流中州で、待望のコゴミ畑を見つけた。伐採跡地や明るい広葉樹の林で車を止め、周辺を探す。「タラノメは終わった。コシアブラとワラビはこれからだ」

 甲府市北部の黒平町。林道の斜…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら