吹奏楽の祭典「ブラスエキスポ2017」(関西吹奏楽連盟、朝日新聞社主催)が7日、大阪府吹田市の万博記念公園で開かれた。近畿2府4県の小学生から大人まで127団体約7800人が園内をパレードし、府県ごとに演奏を披露した。

 同連盟創立80周年を記念した今年のテーマは「未来へ新たなステップ」。参加者たちは快晴の空の下、日本やアメリカ、イギリスなど1960年以前から現在までの流行曲を高らかに演奏。親子管楽器教室、マーチングやチアリーディングの教室なども開かれた。

 フィナーレは参加者全員がお祭り広場に集い、全日本吹奏楽連盟理事長の丸谷明夫さん(71)の指揮で「星条旗よ永遠なれ」を披露。息の合った演奏に、詰めかけた観客から大きな拍手が送られた。(野田佑介)