[PR]

 山口市の山口大学吉田キャンパスで8日、「ワンコイン朝食」が始まった。新入生に限り、定食を10円や50円、100円で提供する。吉田キャンパスでは初の試みで、規則正しい生活習慣を身につけてほしいと大学が考え、定価との差額分は大学などが負担する。

 午前8時、食堂が開店すると、学生が続々と訪れ、朝食を注文。友人らと話しながら、おいしそうに食べた。

 ワンコイン朝食は、二つの食堂で提供する。メニューは計6種類。納豆朝定食10円(定価210円)、洋食セット100円(定価300円)などで、新入生が学生証を提示すれば、定価から200円値引きする仕組み。その200円は、大学と、各食堂を運営する大学生協、学校福祉協会がそれぞれ折半し負担する。

 ワンコイン朝食は昨年、工学部のある常盤キャンパス(宇部市)で実施したところ学生から好評で、吉田キャンパスでも8~31日にやってみることになった。大学生協と学校福祉協会も、学生に規則正しい生活をさせるという目的に賛同し、それぞれ半分を負担することになったという。

 大学によると、この時期は、新生活の緊張や、連休明けの気の緩みから講義への出席率が下がる。学生支援課の梅木哲也課長(56)は「大学の金銭的な負担はあるが、学生が朝早い講義にも出席できるよう、生活習慣を改善することが大事」と話す。

 新入生の伊集院葵さん(18)…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら