【動画】黄砂が観測された大阪市内=伊藤進之介撮影
[PR]

 九州から北海道にかけて8日午前も引き続き、黄砂が観測された。大型連休が明けた大阪市の市街地は、うっすらとかすんでいた。

 黄砂は中国大陸の砂漠の砂が、春先の偏西風などに乗って飛来する。気象庁によると、8日午前9時には全国にある観測地点59カ所のうち、大阪や神戸、京都など44カ所で確認された。9日未明までに収まる見通し。